Keisuke
Saito

Smart Office事業部/執行役員

齋藤 圭佑(2011年入社)

出身地 埼玉県
趣味 ゴルフ、釣り、飲み!!※誘われたら断れない(笑)
休日の過ごし方 ゴルフ、買い物、家の掃除

質問1
齋藤さんの学生時代のことについて教えてください!

学生時代は野球のサークルに入っていたり、社会人チームに混ざって社会人の方と一緒に野球をしていました。
僕、元々経営者になりたいって思いがありまして高校時代の同級生に良いインターンシップあるよーって誘われたんです。大学在学中盤くらいから、その友人に誘われた人材系ベンチャー企業でインターンを始めました!
そこで現在の虎石代表と近藤取締役と出会ったんです。

質問2
そうだったんですね!そこからC-mindへの入社の経緯はどんな感じだったんでしょうか?

実は僕が大学3年の時に虎石、近藤が会社を辞めたんです。自分が目指していた二人が抜けてしまって…かなり衝撃的でしたね。その後、ご縁があって近藤取締役に再開する機会がありました。話を聞いてみると虎石と近藤が会社を立ち上げたみたいで、その話を聞いてたんですね。で、うちでちょっとだけ営業やってみるー?くらいの軽いノリで誘われて、じゃあやってみるかーみたいな感じでC-mindで働き始めました(笑)

質問3
入社後に一番大変だったこと/しんどかった経験は?

スリホの立ち上げをしてすぐですね。
元々はtoCの営業をやっていて、そこではトップセールスだったんですよ。
トップセールスにもなったし、法人営業も余裕だろう。そう思って正直あぐらをかいていたんです(笑)
でも、スリホの営業をやり始めたら自分の実力が全く通用しなかったんですね。
営業の数字も求められましたし、当時は立ち上げ期だったのでプリンターの修理も自分たちでしなくてはいけなかったんです。
なので修理もしながら売り上げも追っていた時期はお本当に先が真っ暗になりましたね。ただ、今思えばこの時の経験が一番しんどかったからこそ、そこからは怖いものがなくなりました。

質問4
スリホの営業で身につくスキルは?

はい、大きく分けて3つありますね!
1つ目が提案能力。お客様のニーズを察知し、提案をすることができる力です。
2つ目は交渉能力。ビジネス視点での考え方や交渉ができるようになるスキル。
3つ目はシーマインドだからこそ身につく勝負する力。立場や年齢にかかわらず、自分の想いやサービスの魅力を訴えかけることができるようになります。
現在スマートオフィス事業部では法人企業さまをメインに営業活動を行うため、企業様にとって有意義であれば「スリホ」以外の自社サービスを提案したりするので、有形無形に関わらず営業スキルをつけていくことが可能だと思います。

質問5
齋藤さんから見てC-mindで活躍している人の共通点は?

素直で、継続力があって、一生懸命頑張れる人ですね!
仕事ってもちろん上手くいかないことや、壁にぶつかることって沢山あります。その時に諦めることって、一番楽だし簡単だと思うんですよね。泥臭くなっちゃいますけど、そういう時にとにかく諦めずに一生懸命頑張る!
すると、これまでに気づけなかった新たな発見があったり、今まで見えなかった世界が広がってくるんですよね。
それが自分の成長に繋がり、成果に結びついていくので。
やはり目の前のことに一生懸命取り組める人が活躍していくと思います。

一生懸命泥臭くても諦めずにやり遂げられる人は強いですよね!

質問6
うちの会社に向いている人ってどんな人でしょう?

運動部で一生懸命に活動した人や、なにかの成功体験をしている人ですかね。
運動部じゃなくてもこれだけはやりきれた!と言い切れるエピソードがある方は向いていると思います!

質問7
Smart Office事業部の今後の展望は?

「スリホ」をはじめとした自社のサービスを全国に展開していくことです!拠点の拡大もしていき、沢山のお客さんに対して支援ができたらと思っております。

質問8
就活生に向けて一言お願いします!

若いうちは考える前に行動しましょう!PDCA(Plan・Do・Check・Action)という言葉もありますが、個人的には最初の2〜3年はとにかく「DDDCC」を高速回転していくくらいの方がいいんじゃないかなと思います。そうやって一日一日を無駄にせず過ごして欲しいと思います!!

齋藤さん!ありがとうございました!!

Let's create together !

2023年度新卒採用ENTRYはこちら