世の中を、フラットに。

自己成長にフォーカスしたらC-mindでした -Sales-

2021.02.01インタビュー

 

System Integration事業部/Sales
石原 卓 Ishihara Suguru
2020年度に産業能率大学を卒業。入社前より内定者インターンを行い、入社後、HR事業へ営業兼キャリアアドバイザーとして配属。入社半年で新人賞を受賞し、翌年、新規に立ち上がったSI事業へ引き抜かれ、現在はエンジニアの受託開発やSESとしての提案営業を行っている。

 

 

Question.01
学生時代はどのように過ごしてた?
学校は、自分自身のためになることが多かったので遅刻もなく真面目に通っていました。アルバイトではカラオケのキャッチをやっていて、そこでの売上を上げるという体験に、当時は大きなやりがいを感じていました。就活は大学3年の12月から始めましたね。当時は就活の軸もなかったので、とにかくいろんな企業を見ていく中で、早期にキャリアを形成していきたい!という軸がうまれ、「学歴関係なく、実力で勝負できる」という点でベンチャー企業に絞って30社ほど受けました。

 

 

Question.02
C-mindへの入社の決め手

シーマインドともう1社IT系ベンチャー企業で迷っていたのですが、自分の中でもう一つの軸だった「一緒に働く人」という点で、シーマインドには大きな魅力を感じました。またもう1社と比べた時に、いい意味でまだまだ仕組みが整いきっていないからこそ、自分のキャリアに対してたくさんチャンスがあると思ったのも決め手でしたね!

 

 

Question.03
入社してから大変だったことは?

最初に配属になったHR事業は立ち上げ期で、研修や仕組みもあまり整ってなかったんです。なので、とにかくやってみてPDCAガンガン回していくって感じで(笑)自分のやってることが本当に正解なのかな?と考えることは多かったです。まわりの友人は研修や制度が整ってる会社で働いてる人が多く、当時は正直少しうらやましいなとも思っていました。ただ、振り返ってみるとあの時の成長速度はめちゃ早くて、今でも常にPDCAを意識して働けるようになったのでとてもいい経験でしたね!

 

 


Question.04
シーマインドの雰囲気について

選考の時から人の良さは本当に感じていて、僕の将来について本当に真剣に考えてくれるなと感じていました。この印象は入社してからも変わらず、理念である「人密着型企業」が浸透してるなと思うし、僕自身もそういう人間になっていきたいと思っています!シーマインドでは自走(自分で考えて発信)できる人が求められているので、良い意味で、はあれこれ細かく指示を出されるわけではありません。だからこそ、「これでどうですか?」と、自分から課題を見つけて、提案・実行までできるかどうかが大事だと思います!

 

 

>>他の社員インタビューを見る

PAGETOP